2014年9月9日火曜日

田舎でも、面白おかしくIngress。

近隣の啓蒙派はどういうわけか、万里独行無双型のプレイヤーばかりで、CFどころか、ポータルを青にすれば間を置かずにやってきて壊していくので、おかげさまで低レベルプレイヤーの早期育成に全く困らない。
ただ、精神衛生にはあまりよろしくないのも確かで、そういうゲームとはいえ、賽の河原とは斯くの如きかと思わないでもない。
が、こうなると人間また楽しみを見つけてしまうもので、ここを潰したら来るだろうか、ここにこんなリンクを張ったら飛んでこないだろうか。こんなことしたら、あんなことをしたら、やった以上にいろんなことされるんだろうか……。
などと考えながら、自分のできる範囲と時間を工夫してプレイに励むわけだ。

万里独行無双型

田舎のIngressは車移動が常。
近隣の啓蒙派が概ね万里独行無双型と言ったが、その中でも、八月の半ば頃から抜群のプレイ時間を誇る綺羅星の様な啓蒙家が居る。
一応は社会人らしいと、たまたま補足した別の啓蒙家から、それとなくは聞き出しているものの、朝恐らくは客先に直行ということで始業前の時間からプレイを開始し、あわよくば直帰をもぎ取って、ともすれば隣県のポータルにも足を伸ばす力の入り方に、我々抵抗派一同、恐れをなしている。
朝の部、午前の部、午後の部、夕方の部、夜の部、深夜の部と、全く抜かりなく、ともすれば終了の場所と次の日の開始の場所が近い場合には、すわ車中泊かと、とにかく抵抗派連絡用のハングアウトでも、彼の話題が出ない日は無い。

今日の昼のできごと

今日、少しでかける用事があり、なんとなくルートを思いついたので、多少の寄り道にはなるものの、都合4カ所のポータルを落とし、リンクを張りながら往路、目的地からの復路でなんとか多重を完成させられないかと考えて動いてみた。
ポータルをひとつ落とし、自動車で8分の場所にある次のポータルを奪取。
そこでハックしても鍵が出ずに難儀していたところ、先に落としたポータルに早くもお運びがあるとアラートでわかった。件の啓蒙家だ。平日の昼前だ。
さて、当初考えていた多重リンクの点を変えたものか、どのみち帰りも寄れるから今はとりあえず、あまり考えずにおくか……。という調子で、とりあえず2番目のポータルから3番目のポータルに移動しそこを解放したぐらいのタイミングで、2番目のポータルが攻撃されているアラートが出た。付いて来た。
都会ではひっくり返したり、ひっくり返されたり日常茶飯事かもしれないが、平日の昼間に敵エージェントに後を追われるなんて経験をした人は少ないのではないだろうか。最初のポータルと2番目のポータルの距離は車で8分。2番目のポータルと3番目のポータルの間は車で4分の距離だ。
意を決して2番目に戻ってみた。居なかった。
そこには、L7とL8のレゾネーターが挿されたポータルが残されているのみで、噂の無双啓蒙家の姿は無かった。とりあえずポータルを取り戻して、もう一度3番目のポータルに戻る。そこにも姿がないことを確認し、4番目のポータルを目指す。
が、走り出して3分もしないうちに、攻撃のアラートが出る。彼だ。
この時点で、私は4番目のポータルに向かう事を諦めた。多重を張ってから攻撃してくれれば、せめて、CFのひとつも作ってから攻撃してくれれば、餌食としても、もっと美味しかったものと思う。

今日の夜のできごと

そもそもが一昨日のことになる。
抵抗派の先達から、隣県の山中に作ったポータルが生えたものの、すっかり道を忘れてしまって放置してあるという話しを聞いた。
場所は思い当たる。確認したところ、まんまと啓蒙家に発見されて、レベル1のポータルとしてintel map上では発見しにくい状態になっていた。ガーディアンのメダル目当てだろう。どちらにせよ、啓蒙派に場所が知れている以上、このポータルの存在を明らかにしなければならない。
それ以上に、これを私が取れば、恐らくはこのポータルを落としに、無双啓蒙家が万難を排してここを落としにくることだろうと、そんな期待をした。
昨日、その山間部の手前の地区に用事があったので、それをこなすついでに早速そのポータルを奪取し、レベル5にしてわざと長いリンクでCFを作った。ここまでが昨日のこと。
今日の夕方のことだ。昼に私を追ってきた無双啓蒙家が隣県で活動していることを確認した。直帰からの小遠征と見て取れ、あるいは山中のポータルにも立ち寄るのではと期待はしたものの、距離的にも車で1時間以上かかる。恐らく、彼に土地勘は無いものと思うし、日も暮れかけていて、到着する頃には暗くなっている時間だ。
だが、彼は期待を裏切らなかった。僻地ポータルを破壊し、一本挿しでもなんでもなく、きちんとレベル5ポータルを構築して、レアのシールドとフォースアンプを挿していった。
さて、その僻地からの戻りが問題だ。彼がホームタウンに戻るには、遠回りするか、暗い山中を行かねばならない。
1時間ほどで下山して、何処かを攻撃しながらホームに戻るものと思っていたが、2時間以上音沙汰がなく、少々心配になり始めているものである。
Ingress恐ろしい遊戯……。

少し心配になりましたが、どうやら啓蒙派8ポタ脇でのんびり補給しているところを目撃された模様。少しだけほっとしました。
地元民の他はちょっと抵抗を感じる場所を混ぜ込みながら、これからもポータル申請に励みます。