2015年11月11日水曜日

落ちてきた項目

むかしむかしあるところに、一冊の百科事典がありました。
その百科事典の「L」の項目は、すべて流星と一緒に、地球の外からこの本に落ちてきたものです。
なので、それが確かに「L」の項目だというのに、見ても全く意味がわかりません。
それでも人は、「L」の全ての記述に雷に打たれたような衝撃を感じ、この本を他の人には見せたくない。見られたくないという風に考えてしまうのです。
しまいには、この本を巡って戦いまでおこってしまいます。
そんなこととは関係なく、季節は巡って花が咲くというのに、一体どうしてそうなるのか、誰にもわかりません。
でも、実際に「L」の項目を見たら、あなたもそんな気持ちになるはずですよ。