2015年10月5日月曜日

秋ですよ。秋。夏が終わるというのは素晴らしいですよ。なんせ歩いても汗かかないし、猫が膝にきても気にならない。

Netfilixはお試しでおさらば。どうにかスーパーナチュラルのシーズン8は見終えた。
キルラキルと、あとなんだっけ。いくつか途中のものはあるけれど、なんやかんやで、Linuxで見られず、Macでも、FirefoxからだとMicrosoftSilverlightのインストールを求められたりと、細かな意見の相違がどうにも埋められなかったもので、これなら音楽の方にお金を出すわということになりました。
そんなわけで、Huluにがんばっていただきたいものですが、なんだかんだでAppleMusicの居心地が良くてかなわんです。
ひょっとして、動画配信なんてものは俺にとって全く不要なのではないかと、そんな気もしてきてますよ。娯楽とというか、暮らしの潤いとしては音楽があればいいんじゃないか?
LastFMが戻ってくる兆しも無いわけで、もうこれは致し方ないかしらと思い始めております。朝っぱらから、一昨年なんとなくスルーしたヴァネッサ・パラディのアルバムに行き当たりまして、あら。スルーして申し訳ないと、そんな気分。
Linux使ってる間も、傍でアンプにつないだMacから音が出ていればいいわけで、いや、Linux版のiTunesお願いします。

改めて読む

先日気晴らしに漫画でも拾うかと思って行った中古本屋で、ゲド戦記の1巻から4巻と外伝を一冊100円で拾いまして、子供の頃になんとなく読んだ記憶があるんですが、どうもピンとこなくて印象が薄かったものの、読み直そうにも微妙に記憶にあるのであんまりその気になれないまま、多くの月日が流れておりました。
そんなこんなでル・グイン自体が「いつかね〜」な扱いだったわけですが、この度めでたく読み始めまして、概ね面白く読んでおります。しかし案の定、記憶が微妙に邪魔ですね。なにがピンとこなかったかといえば、当時の自分にとってはグダグダと説教臭かったんだと思い出しました。そのせいで、ル・グイン自体も敬遠してたんですね。もう大人なんで、大丈夫です。
あんまり再読しない方なんですが、P・K・ディックとか、もう一回読んでおく方がいいのかという気分になっております。
先日からペルシダーシリーズ読みたいんですが、きちんと読んでいない空想冒険小説なんかを漁るか、なんとなくそんな気分ではあります。
こっち方面、面白いけど読んだ?読んでなかったらこの辺から手をつけてみなよとかあれば、お誘いください。
そういえば子供らに読み聞かせているホビットの冒険が、ついにゴクリとのなぞなぞのシーンを迎え、久しぶりに山場に差し掛かって食いつき過ぎて力つきて寝てしまうという現象を目撃。そういう読書体験がしたいものです。